負けているときに必要な思考

知らなきゃ損!【2020年】勝利への確率アップはこちらをクリック!

 

 

パチスロで負けているときに必要な思考

 

今回はパチスロで負けているときに必要な思考について紹介いたします。

 

パチスロは毎回勝つことはほぼ不可能に近いギャンブルです。

 

ですが、トータルで勝つことは不可能ではないことは他の記事でもお話しました。

 

で、ここからが本題の負けているときに必要な思考についてですが、

 

例えばあなたが朝から夕方6時まで打っていたとして3万円負けていたとしましょう。

 

重要なポイントはその後の考え方です。

 

ホール内で打つ台が無いときにあなたならどうしますか?

 

打つ台が無いから今日は3万円負けで終了する。

 

期待値の高い台を探す。

 

3万円取り返したいから爆裂台に根拠も無く座る。

 

正解は期待値の高い台を探すと終了するです。

 

ホール内に期待値の高い台があれば打つ根拠がありますので勝負してもよいのですが、

 

3万円取り返したいから爆裂台や勘に頼って勝負をする。

 

この立ち回りをしていると必ずと言ってもいいほどトータルがマイナスになってしまいます。

 

勝つためには如何に冷静に立ち回り期待値の高い台を打つかに左右されてきます。

 

その日たとえ負けたとしてもきちんとした立ち回りをしていたら必ず勝率はアップしてきます。

 

パチスロは何度もお話していますがトータルで考えることが重要です。

 

先ほど話した爆裂台や勘に任せての勝負だと負け額がほんとは3万円だったのが5万6万と

 

後々の収支にも大きく影響してきます。

 

仮に3万円取り返したとしても今後もまた同じことを繰り返ししてしまうことになる可能性が高いです。

 

この負けているときこそ冷静になって考える癖を身につける努力をしてください。

 

期待値の高い台が無ければ打たない。

 

打たなければ負けることはありません。

 

負けているときこそ負けを最小限にとどめることがトータル収支をプラスに持っていくポイントでもあります。

 

パチスロで勝つためにはもちろん解析や技術なども必要ですが自分の思考が大きくかかわってきます。

 

自分の思考を少し変えることで勝率も変わってきますので負けているときこそ冷静に判断して立ち回りましょう。