6号機ジャグラーの内容はどうなる?

知らなきゃ損!【2020年】勝利への確率アップはこちらをクリック!

 

 

今回は2018年2月より始まる6号機時代のジャグラーについて僕の見解を紹介します。

 

 

まずはじめに今回の6号機の大まかな内容は次の通りです。

 

機械割りが120%〜105%前後まで減少

 

最大払い出しが480枚〜300枚まで減少

 

この2つの内容が大まかな変更ポイントとなっています。

 

 

まず一つ目の機械割が120%〜105%前後に減少についてジャグラーにどのような影響が
あるのかをお話していきます。

 

そもそもジャグラーシリーズでは機械割が120%近い台は現在ありません。

 

一番高い台でも機械割が112%前後となっています。

 

平均的には設定6でも106%前後が多い内容になっています。

 

6号機になったら105%前後が予測されますので多少パーセンテージは下がりますが
大きく下がることはないと思っています。

 

現に設定6をたくさん入れているホームも少なく逆に低設定をメインで扱っているホールが多いので
今の状況からさほど大きく変化するのは無いのではと感じています。

 

しかもどこのホールもジャグラーシリーズをメインで扱っているところが多いために
6号機になってもジャグラーシリーズに力を入れてくることは大いに予想されます。

 

このことから大幅に機械割が減ることはさほど心配しなくてもいいのではと思っています。

 

 

次に最大払い出し枚数が480枚〜300枚前後に減少についてお話していきます。

 

この最大払い出し枚数減少は機械割減少とは違って大きな変更点と言えます。

 

最大払い出し枚数が300枚ほどになるということはビックで獲得枚数200枚ほどになるということに。

 

現行のジャグラーシリーズと比べると大きな獲得枚数減少になります。

 

ビックで200枚前後しか獲得できないのはジャグラーファンの方たちからすれば大きな痛手となってきます。

 

ですが機械割がそこまで大きく減少しないと予測されるのでジャグラーのゲーム性を変えてくるのではと思っています。

 

獲得枚数が減少するのであればボーナス確率を軽くするなどメーカー側もさまざまなアイデアで打ち手を
あきさせないゲーム性にしてくるのではと感じています。

 

 

これらの内容から僕自身の見解は多少ゲーム性が変更になってきても人気のジャグラーシリーズは

 

6号機になっても人気が続くのではと思っていますし、6号機になっても勝てる機種に入ってくるのではと思っています。

 

パチスロが4号機から5号機に変更したときもパチスロはもう終わったというようなことが騒がれましたが
結局5号機になってもメーカーが思考錯誤をして面白い台を考え、パチスロは以前人気のままです。

 

 

6号機になっても最初はさまざまな問題で衰退するとは思いますが徐々に復活してくると思っています。

 

結論は6号機になってもジャグラーシリーズは人気機種のままではないのでしょうか。