パチスロで勝っている1割に入る方法

知らなきゃ損!【2020年】勝利への確率アップはこちらをクリック!

 

 

今回はパチスロ、スロットで勝っている1割に入る方法を紹介していきます。

 

まずパチスロで勝っている人たちの割合が1割と言われてますが、定かな数字ではないのですが仮に1割りだと仮定しましょう。

 

更に勝っている人とは年間トータルで勝っている人で1日単位ではありません。

 

この勝ち組に入るには僕自身のマインドでは何回も説明していますが

 

まず期待値の高い台を打つ。

 

無駄打ちをしない。

 

優良店を探す。

 

大きく分けると、この3つが重要ポイントとなります。

 

期待値の高い台とは1つは高設定台の事です。もちろん高設定でも機械割が100%を越えていなければ意味がありません。

 

あくまで100%を越える台を打つことです。

 

2つ目の期待値の高い台はゾーン狙いと言うことです。

 

天井狙いもこれに入ります。

 

このゾーン狙いは設定はあまり関係なく、ゾーン、つまり機種によっての様々ですがその何かしらの当たりやすい条件の回転数だけを狙って打つ方法です。
このゾーン狙いはあくまでシビアに立ち回らくてはなりません。自分の欲や波などの何の根拠もない考えでゾーンが終了したのに打ち続けていると期待値はグーンと下がり負けてしまう原因になってしまいます。

 

次に無駄打ちをしない

 

この無駄うちとは例えばあなたが高設定を確信してフル回転で回して結果負けたとしましょう。これは無駄打ちではなく結果その日、負けただけで、きちんと勝つ為のマインドで打っているので必ずトータル収支で結果がついてきます。
僕の無駄うちとは何の根拠もなくただ打っている事をいいます。
ただ打ちたい台を打つとか角台だから打つとか、ハマっているからそろそろ当たるだろうとか勝つ為に必要な原理原則が何一つもあてはまらない台を打つことです。この無駄うちはかなりのスロッターの方がやっている傾向があります。頭では理解していても実践のなると出来ない人が多いような気がします。
結局、勝つことに自分自身を律することが出来るかが一番大事だと僕自身実感しております。

 

3つ目は優良店を探すです。

 

パチスロはそもそも店側が出さないと決めたらほとんど勝てません。
ですがそんなことをしたら店側もお客さんを失い営業できなくなってしまいます。
ですのである程度の優良店を何店かあなた自身が見つけておかなくてはなりません。
1つの店を攻略するのも一つの手法ですが、その店が突如閉店したり、設定師が変わりあまり高設定を使わなくなってしまったらまた一から優良店を見つけなくてはなりません。ですので何店か優良店を見つけておいたほうが勝つ確率もアップします。これは高設定狙いやゾーン狙いの時も狙い台が多くなる利点があります。

 

 

この大まかな3つの事を重点的に立ち回れば勝率が増加してくると思います。