パチスロで勝てない人の特徴

知らなきゃ損!【2020年】勝利への確率アップはこちらをクリック!
>

 

パチスロでは昔から勝ち組と負け組に分類されると言う話は他の記事でお話をさせていただいたのですが、今回は勝てない人のマインドについて話します。

 

勝てない人には様々なマインドがあります。

 

まず一つ目が運任せで打っている方です。

 

パチスロは設定1から設定6まで設定があり、もちろんみなさんご存知の通り設定6は一番勝ちやすい設定となります。
ということは設定6を打てばかなりの確率で勝てる確率がアップすることは誰でも知っています。
なのでいかに早く設定6を探すか、もしくは、高設定(機械割が100%越え)を探して終日ぶん回すかが大事です。(天井狙い、ゾーン狙いは別です。)
この内容は昔も今もさほど変わっていません。
大きなパチスロの仕組みが変わらない限り続くはずです。

 

よくホールに打ちに行ったときに開店前の並んでいる人たちの話を聞いていると

 

「昨日打った台は設定悪いけど波がいいから勝ったんだよね。」

 

「明らかに低設定と分っていたけど最近引きがいいから負ける気がしないんだ」などの会話を良く耳にします。

 

このようなマインドはその時々は良くてもトータルで考えると負けてしまうマインドです。

 

あくまでパチスロはいかに「期待値の高い台を打つか」に勝率がかかわっているからです。

 

設定が悪いからと確信したら大当たり中ではない限り僕はすぐに他の高設定台を探します。

 

なぜなら勝つ為には如何に高設定を打ち、プラスに持っていくかが肝心だからです。

 

二つ目は資金不足

 

この資金不足は非常にもったいないです。

 

仮にあなたが3万円しかなくてパチスロを打ちに行き高設定に座ったとしましょう。
あとは閉店までぶん回すだけなのに軍資金が足りなく終了。

 

結果、他の人がその台を打ち勝利と言うことになりえるからです。

 

これは実にもったいない事態です。

 

ですので勝負に行くのであれば軍資金はたんまり持っていくことをお勧めします。

 

逆に軍資金があまりないときは打ちに行かないほうがいいです。

 

打ちにさえ行かなければプラスにならなくてもマイナスにはならないので軍資金がきちんとたまって勝負に行くようにしましょう。

 

3つ目は時間がない人です。

 

せっかく高設定を掴んでも用事(仕事やデート)で時間がなくて長時間打てない。
これではせっかく高設定を掴んでも勝つ確率はグンと下がります。
ですので打ちに行くときは時間に余裕がある時がいいと思います。仮に時間がないときは、天井狙いかゾーン狙いのほうが勝率がいいと思います。

 

これらの事を少し改善するだけでも勝率が上がると僕自身思います。

 

パチスロは決して甘いギャンブルではありませんが、きちんとした思考を持ちそれを実践して行けば必ず結果はついてきます。